フリーエリア


安倍新首相に期待することは?


プロフィール

風通しがいい

Author:風通しがいい
FC2ブログへようこそ!


ランキング参加中です


民主党の支持団体について


民主党の支持不支持について


外国人参政権について


震災復興の障害について


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


カウンター


フリーエリア

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

巡回リンク


ブロとも一覧


四街道

Loading...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:田園の風景
天気がよいので、いつものように田んぼの近くを歩いていたら雉が散歩していた。
カメラはKISSF、レンズはシグマ50-500 OS HSM。


天気がよいので散歩していたら、雉が歩いていた。カメラを向けたときにはもう
向こうへ歩き出してしまっていた。
20121110kiji01.jpg

山の中へ逃げ込む道を見つけ出したところです。
20121110kiji02.jpg


山の中に入っていく場面の写真です。このあと入れないで一回落ちてしまって
もう一度チャレンジしたあとはいっていきました。
20121110kiji03.jpg

四街道では雉をよく見かけるのですが、山の中に逃げ込まれてしまったのは初めての経験でした…
山の中のほうが危険な気がw

それにしても四街道は、本当に自然が豊かでよいところだと改めて思った。

シグマのレンズもピント合わせが早くて本当に助かると思った。

テーマ : 田園風景 - ジャンル : 写真

DATE: CATEGORY:政治ニュース
昨日ユーカリが丘に小泉進次郎氏が来た。もっとも自分は四街道市に住んでいるので
来たというのは少し変かも。そういうわけで私もユーカリが丘へ行ってきた。
カメラは再び7D、レンズはタムロン17-50VC、シグマ50-500OS
という超重装備。だがこのレンズさえあればほとんどの焦点域を
カバーできるので頑張った。


タムロン17-50、ISO100。このくらいの大きさならKISSFとかわらないが
等倍で見ると結構差が有る感じがした。

ユーカリが丘は奥にぽつんと立っているビルのところがそうだ。四街道からは
電車が通っていないのでバスか車で行くしかない。はっきりいって不便だ。
もちろん普段そんなに行く用事もないわけだけどw
20121214yu-kari01.jpg


タムロン17-50.ユーカリが丘についてみるとすごい人だかりが。
前に来たときはこんなに人はいただろうか。
20121214yu-kari02.jpg



タムロン17-50.少しぶれてしまった。ユーカリが丘はモノレールが走っているのが
特徴だと思う。予想通りコアラがモノレールに描かれていた。
20121214yu-kari03.jpg


レンズはシグマ50-500 0S HSM、 ISO2000、SS1/100 F7.1、焦点距離500mm。すでに演説会は始まっていた。
人が多くてかなり後ろからの撮影となったが、50-500を持ってきていたので助かった。

それにしてもSS百分の一でよくぶれないと思った。焦点距離で500mmというと、
APS-C換算で約800mm。それで百分の一でぶれないとは恐れ入った。

もちろん7Dという優秀なカメラのおかげもあるだろうけど。高感度もISO2000でも
十分使えると思った。
20121214yu-kari04.jpg


レンズはシグマ50-500 0S HSM、ISOは4000へアップ、SS1/200。
このレンズの特徴は広角端が50mmとかなり広いことだと思う。
しかも画質もかなりいい。
20121214yu-kari05.jpg



シグマ50-500 0S HSM、ISO12800、SS1/320。さすがにISO12800は厳しいか。
それでもここまで写れば個人的には十分だと思う。
20121214yu-kari06.jpg


シグマ50-500 0S HSM、ISO12800。内蔵ストロボをたいてみたのだが、もう少し
光を強くすればよかったかも。ストロボは奥が深いと思った。
20121214yu-kari09.jpg



タムロン17-50.ISO6400.SS1/20。秋本候補が演説を聴いていた聴衆と写真撮影をしていた。
このレンズの手ぶれ補正はかなり強力だ。ただ絞り開放では、ピントの合った周辺しか
解像しないので、できるだけ絞って撮ったほうがいいと思った。
20121214yu-kari07.jpg



タムロン17-50.ISO6400.SS1/20。たくさんの新聞記者の取材に丁寧に受け答えをしていた。
このレンズはやはり静物にはかなりいいレンズだと思った。ISO6400は常用できると思う。
20121214yu-kari08.jpg

今回使っていて思ったのは、やはり7Dは言うまでもなく優秀なカメラだと改めて思った。
レンズもどれも申し分のないとおもったが、欲を言えば高感度がもう少し強ければ
いうことはないのだけど、それはさすがに欲張りすぎだと思った。

特に7DのAFはすごい。KISSFでは中央一点でも迷うだろうと思うような場面でもしっかりと被写体をとらえ、
すごい精度だった。ほとんどピンボケ写真はなかった。



それと小泉進次郎氏もしっかりとしていて将来の日本を託すのにふさわしい人だと思ったし、
秋本候補も選挙直前に実の母親がなくなったにもかかわらず精力的に活動を続けられる、
信念のある立派な人だと思った。

次の時代を任せられるのはこういった日本のために働こうという信念のある、若い政治家なのだろう。
日本を食い物にするために政治家をやっているような人間には断じて任せられないと改めて思った。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

DATE: CATEGORY:東京の写真
改修後の東京駅に行ってきた。カメラはKISSF 、レンズは広角レンズであるタムロン10-24と
安心の標準ズームタムロン17-50F2.8VC。



ここ数年ずっと工事中だった東京駅。新しい東京駅が10月一日にお披露目となって以来、
早く行ってみたかったけど、とうとう行くことができた。

タムロン10-24mm。朝の丸の内北口改札口前の写真。まだ人はまばらだ。
中はおもったよりも狭いので広角レンズでなければ全部は入らない。
全部入れる必要があるのかは別として。
20121111toukyou01.jpg

それにしても西洋の教会のような天井だ。いつまで見ていても飽きないと思った。
20121111toukyou03.jpg


タムロン10-24mm。改札口から出口方面の写真。ぴかぴかの柱が東京駅は
やはり近代的な駅なんだということを思い出させてくれる。
20121111toukyou02.jpg

タムロン17-50VC。外に出て天井のところを撮ってみた。周りの近代的なビルとは対照的で
レトロな感じがすごくいいと思った。このレンズは手ぶれ補正がついているので
安心してシャッター速度や感度を落とすことができ、画質もいいので重宝する。
20121111toukyou05.jpg

タムロン17-50VC。東京駅正面の写真。中には入れないようだった。まだ朝だというのに、
ここで記念撮影をしている人がたくさんいた。

タムロン17mmにすると広角とは違い窮屈な感じになった。広角レンズを使っていた時も思っていたけど、
ただ単に撮るのではなくて工夫が必要なんだと思った。
20121111toukyou04.jpg

タムロン17-50。近くにあるのだが、この絵はいつ見ても癒される。
なぜもっと人気が出ないのか不思議でしょうがない。
20121111toukyou06.jpg

最近は全く晴れず、今回は薄曇りでとても寒かった。また東京の新名所となった、
東京駅に来てみようと思った。次はスカイツリーにも行ってみたいが、
とても込んでそうだし、私は人ごみが苦手なので、迷う…


テーマ : ■東京を撮る■ - ジャンル : 写真

DATE: CATEGORY:民主党に対する疑問
今日は四街道駅に野田首相がやってきた。いったいどんなことをしゃべるのだろうかと思い
朝から四街道駅まで出かけてみた。カメラは不安のあるKISSF,レンズはシグマAPO70-300.


野田首相の前に候補者の奥野なんとかという候補者が演説。何を言ってるのか聞いててわからなかった。
奥に見えるのが四街道駅前の大銀杏。夏はムクドリが本当にすごい。

それにしてもこの人は選挙になると何で背中を丸めているのだろうか。普段のように大きな腹をもっと
突き出したほうがかわいげがあると思うのだが。ハンプティ・ダンプティに似ていると思う。
20121202nodab.jpg


ようやく野田首相が登場。これからいったい何をしゃべるのか興味津々。おそらく集まった多くの聴衆も
同じ思いだったことは間違いない。

それにしても望遠端である300mmはこのレンズは解像していない。この写真も少しぼやっとしている。
20121202nodaa.jpg


民主党の人間と親しげにしゃべる人間や握手するもちらほらいた。まだ騙され足りないと見える。
もっとも民主党側の労組関係者か立正佼成会信者の可能性も高いが。

焦点距離は100mm。このレンズの真骨頂は望遠端は甘いが広角端である70mmから250mmくらいまでが
もっとも解像することだと思う。この写真はF7.1と少し絞っているが十分解像していると思う。
20121202nodac.jpg

今日使った限りではKISSFは大丈夫のようだった。もしこれでまた使用不能になれば3度目の
幕張修理センターに赴かなくてはならない。

おかげで幕張の修理センターの人と顔見知りになれるかもしれないと思うと、そう悪くはないのかも。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

DATE: CATEGORY:街の写真
昨日は天気予報では確かに晴れだった。なのに、午後は冷たい雨が降り、
雨が上がっても気温が上がることはなかった。

最近KISSFの調子が悪い。書き込みに時間がかかるようになってきたりするので、内部基盤が
おかしいのかもしれない。

今年の8月に大雨の中で写真をとっていたらKISSFが故障してしまったので
その影響かもしれない。

なので不本意ながら7Dを借り用事がてら千葉駅に行ってみたら、自民党の
安部総裁が演説していた。

レンズは最強の高倍率ズームタムロン18-200。

200mm、f6.3、ISO5000、1/100 で撮ってみた。さすが7D、暗い中でもAFは迷わずピントがあった。
KISSFで使うときよりAFの迷いがほとんどない。またISO5000だというのに
結構ノイズも少ない。

何より驚いたのがシャッター速度が1/100なのに手ブレがないということだ。
とっていてミラーショックをほとんど感じなかったので、
手ぶれしにくいのだろうと思った。
chibaeki2012035000.jpg


ISO12800。さすがにノイズが気になるか。それにしてもすごい人だかりだ。
chibaeki201201.jpg


ISO12800。やはりノイズが気になる。が、KISSFでは最大でISO1600で、ノイズはもっと出ることを考えると
7Dがいかにすごいカメラであるかわかると思う。
chibaeki201202.jpg


ISO12800。安倍総裁が演説する中で、ボイスレコーダーをおいてキーボードを叩く人も。
報道関係の人だろうか?
chibaeki201204.jpg


ISO12800。子供を連れながら熱心に聞いている人が多かった。
政治は生活に直結するということがこの三年で多くの人が
実感しているのだと思う。
chibaeki201205.jpg

昨日は用事でたまたま千葉駅にいってみたが、普段とは違う光景に出会うことができたと思う。
駅を利用する人が演説を聴くために足を止めて演説に聴き入る光景や雰囲気は
とても新鮮だった。

それにしても7Dは重さもすごいけど写りもすごいと思った。7Dにかかれば
お手軽高倍率ズームも高性能レンズに早変わりしてしまった。

また指摘されることの多い高感度も普段は必要ないと感じるが、F値の大きい、暗いレンズ
を使用しなければいけない状況でも十分使えると思った。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真


copyright © 2017 世の中って不思議でいっぱい all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。